審査員 
審査会進行役

審査員

Mirei Takahashi

高橋美礼
デザインジャーナリスト

多摩美術大学芸術学科卒業、企業勤務を経た後、ミラノ・ドムスアカデミーマスターデザインコース修了。現在は、フリーランスとして国内外のデザインを考察し、書籍や雑誌、ウェブ媒体での執筆、編集を行う。アッシュコンセプトのブランド「+d」では、「TsunTsun」(ソープディッシュ)を宮城壮太郎氏と共同デザインで発表。
多摩美術大学芸術学科非常勤講師。

judge2020-nakkaoka

中岡美奈子
株式会社MIRACLE
代表取締役 クリエイティブディレクター

国立音楽大学卒。音が聞こえるデザインづくりへ。広告代理店でプロデューサーアシスタントを経て、1995年にインハウスブランド「D-BROS」の開発メンバーとして、株式会社ドラフトに入社。モノづくりからチャネル戦略までのトータルマネジメント担う。2010年からは、他社ブランドの商品開発とそれらのコミュニケーションづくりのディレクションまで領域を広げる。20198月デザイン会社、株式会社MIRACLE(ミラクル)を設立。現在は、地方ゼネコンとまちの元気づくりを応援しイベントや地域紙の監修、また、企業の食品や生活雑貨のデザインづくりとコンサルティングに主に携わる。

judge2020-yamazaki

山崎 泰
株式会社JDN
取締役

北海道生まれ。デザインへの関心から丹青社に入社。1997年、デザイン情報サイト「JDN(ジャパンデザインネット)」の立ち上げに参画。「登竜門」「デザインのお仕事」を事業化し、コンテスト企画運営事業を手がける。編集長を経て現職。趣味はサックス演奏。

judge2020-yamashita

山下ひろみ
株式会社LOFT
MoMA Design Store チーフバイヤー

武蔵野美術短期大学デザイン学科卒業。西武百貨店(現・そごう西武)商品開発部入社。住商OTTO(現・オットージャパン)に転職後はMDディレクターとして買い付け・開発の舞台を世界各国に広げる。Spiegel社(米国)トレンドマネージャーを経て帰国後は三洋電機関連会社(当時)・新規事業アドバイザーに就任。ニューヨーク近代美術館(MoMA)と三洋電機を繋ぎ、MoMA誘致に成功。2003年MoMAオンラインストア、2007年表参道路面店オープン。以降日本側MoMAブランディングマネージャーを経て現職。

judge2020-nagoya

名児耶 秀美
アッシュコンセプト
代表取締役 デザインプロデューサー 

武蔵野美術大学造形学部卒業。ペアシュメルシュア(デザイナー)のもとでデザインアシスタントを経て、株式会社髙島屋宣伝部、株式会社マーナ専務取締役企画室長として、経営・商品開発・プロデュース・マーケティング・デザイン戦略に携わる。
2002年h concept(アッシュコンセプト)を設立。生活者とデザイナーが楽しめるモノ創りを目指し、デザイナーとのコラボレートブランド「+d」を世界に向けて発信。
デザインコンサルティング・ジャパンブランド・地場産業振興コンサルティング等を手掛ける。

審査会進行役

judge2020-shimokawa

下川 一哉
株式会社意と匠研究所
代表取締役 デザインプロデューサー・ジャーナリスト

早稲田大学政治経済学部卒業。日経マグロウヒル(現・日経BP 社)入社。
日経イベント編集、日経ストアデザイン編集などを経て、1994 年日経デザイン編集に配属。
1999 年副編集長、2008 年より編集長。2014 年日経BP 社を退社、意と匠研究所を設立。
2014 年~2016 年佐賀県有田焼創業400 年事業デザインディレクター、有田価値創造研究所座長。
2016 年LEXUS NEW TAKUMI PROJECT サポートメンバー。